• 過払いで任意整理を使う際のデメリットは存在しない

    過払いの際に任意整理が便利なのは、任意整理はお互いの同意だけで新しい契約上の効果を発揮することが出来るということです。

    話し合いの結果過払い金として受け取ったお金を全額返済するという新しい契約ができた時には、その新しい契約に同意した瞬間に債権者から債務者に対して金銭を変換するための義務が生まれます。



    裁判所を利用した方法ではこうした都合の良い方法は利用することが出来ないので、その点からも非常に使いやすい便利な手段だと言えるでしょう。

    また、任意整理を利用する際には、一般的な債務整理と異なって信用情報に全く関係性を持たせずに利用することが出来るという利点があります。



    つまり、過払い金の返還請求に関してはこの手段を利用したとしても信用情報に傷がついて日常生活に支障が出ることがないのです。
    なぜこのような処置が取られているのかというと、そもそも過払い金問題というのは借金を返済することができなくなっているわけではなく、むしろその逆でお金を払い過ぎたことで問題になっている案件だからです。

    本来、債務整理は文字通り債務を整理して借金を減額させたり免責させたりするために存在するものであるため、その責任は少なからず債務者の方に存在します。

    一方で、過払い金問題に関してはその責任を債務者に求めることは出来ません。



    利息の適用に関しては消費者が全く無関係なので、そのことに関して信用情報に記載することはあまりにも不公平であると考えられているのです。