• 過払い請求で注意が必要な「和解」

    過払い請求の中で注意をしなくてはならないものの一つとして覚えておかなくてはならないのが「和解」です。

    和解というと互いに交渉がうまくまとまって良かった、という印象を受けてしまいますが、実際には過払い請求の中で和解が決まるということは十中八九債務者側が損をする結果になってしまいます。



    ではどうしてそうなるのか、重要なのは和解というのが本来返還するべき金額よりも少ない和解金で結ばれるものだからということです。そもそも貸金業者からすれば一度受け取ったお金であればたとえ法律上返還の義務があると言っても返したくないものですから、和解の際に「返還するべき全額を返還します」という条件を提示して来ることはまず絶対にありません。

    それならば裁判になって争っても結局の結論は変わらないからです。
    そうした中で和解案を提示するということはつまり「本来返す金額よりも少ない額を返しますが、代わりに裁判もなしにすぐに過払い請求に応じますよ」という案が出て来ることになります。この条件なら債務者側はおおよその場合個人であるために「裁判の手間がないなら」ということで応じる可能性があるでしょう。

    もちろん、これはこれでそれなりにメリットのある話であることは確かです。
    しかしこの和解に応じてしまうと、本来返ってくる額よりも少ない額しか返ってこなくなるうえに今後その過払い金をめぐって異議を申し立てることは出来なくなりますから、全額回収は諦めなくてはならなくなるでしょう。

    NAVERまとめを詳しく調べるなら便利なサイトです。

    中には和解と言っても返還額が本来の額の半分以下というものもありますから、和解をするべきかどうかは慎重に考えて結論を出すようにしてください。

    有名な過払い金請求情報を集めているサイトです。